1.学士課程 卒業に必要な履修単位は、本学による規定の必修科目28単位、当学科による規定の必修科目64単位、さらに当学科による規定の選択科目36単位、計128単位です。科目の内容は、日本語に関する基礎的なものの他に、日本語研究・日本文学・日本文化・日本現代事情など専門的な科目に加えて、日本語翻訳・日本語通訳・日本語文書資料処理・インターネットの活用などの実務的な科目もあります。 【本学規定の必修科目】 中国語・外国語(英語・ドイツ語のどちらか一つを選択)・歴史・民主法治・一般教養科目・体育など。 【当学科規定の必修科目】 日本語会話(一)(二)(三)・初級日本語・中級日本語・上級日本語・日本語文法(一)(二)・日本語作文(一)(二)・日本語聴解(一)(二)(三)・日本小説講読・日本語総合能力など。 【当学科規定の選択科目】 日本語の発音・日本概論・日本昔話・日本史・日本地理・日本現代事情・日本語翻訳(日本語から中国語へ)・日本文化概論・日本語文法特講・日本近代文学・英会話・言語学概論・日本語情報処理・時事日本語・研究方法の指導・日本名著講読・日本古典文学・日本語研究・翻訳実務(中国語から日本語へ)・商業日本語・日本語応用文・日本語通訳・日本語教授法・日本語会話(四)・商業英語など。 2.修士課程 卒業に必要な履修科目を32単位とします。日本語学研究(一)(二)・現代漢語研究・日本語文法特講・日本語音声研究・中日言語比較研究・日本文学研究(一)(二)・日本現代文学研究・日本古典文学研究・中日比較文学研究・中日文化研究・中日比較文化研究・日本語教授法研究・日本語コースデザイン研究・日本語教育資料研究・日本語教授法演習・翻訳研究・研究方法論・論文指導など。以上の科目は、論文が必修科目で0単位であるのを除き、いずれも選択できる専門科目であります。 3.博士課程 比較対照分析特講・日本語音韻学特講・日本語史特講・日本語文法特講・日本語文献資料研究と討論・言語教育特講など。以上の課程は、論文が必修科目で0単位であるのを除き、いずれも選択できる専門科目であります。 以上の他、当学科では学生に専門分野を広げるため、マイナー・ダブルメジャー・教職課程などの課程を履習するよう勧めています。

 

|回到頁首 |