当学科では研究の気風を高めるため、以下の学術活動を行っています。 1.各学期に3回「日本語教育研究会」を開き、当学科に属する教師や内外の専門家が研究論文、研究成果等を発表しています。 2.毎年、不定期に日本から学者を招き、集中講義、あるいは講演を行っています。 3.2年に一回「日本語教育国際シンポジウム」が開かれています。 4.年に二回『東呉日語教育学報』が出版されています。 5.毎年修士課程、博士課程の学生による論文中間発表を行っています。 台湾には日本語関係の学会として、「台湾日語教育学会」と「台湾日本語文学会」があり、それぞれ活発に研究会等を行っています。当学科の教師たちは積極的にそれらに参与および参加しています。

 

|回到頁首 |