1.図書 当学科が購入する日本語関係の書籍は毎年約100万元分にのぼります。これらの本は現在では相当数にのぼっており、すべて本大学の中正図書館に所蔵されています。 また、当学科の「研究生研討室」、「日本語教育資料室」にも図書コーナーを設け、5,000冊以上の図書を蔵し、教師や学生に開放しています。 2.教学設備 当学科の事務所には日本語教育用のテープ、ビデオ、国語学に関する論文の索引CD-ROMなどがあります。また、衛星放送用テレビやビデオ機器、撮影機、OHP等の設備もあり、授業等に活用されています。この他、本大学の「言語センター」と図書館の「マルチメデイア資料室」を通して、必要に応じて、随時、視聴覚教材を購入しています。 3.教學空間 (1)R1001日本文化教室-「朝宗廳」 日本の伝統建築の特色を理解するとともに、日本の空間で日本に関する知識を身につけてもらうということは庭つきの日本の和室を設ける目的でした。室内には床の間、障子、襖、たたみ、縁側などのような和室の基本要素が織り込まれ、小庭には日本庭園の縮図である飛び石の渡り、石提篭、蹲、フェンスが織り成されました。伝統的な和風のデザインのほかに、中にはコンピューター、プロジェクター、スクリーンといったマルチメディア教育の設備も整っています。将来、文化活動、お茶会の開催だけでなく、少人数の会話授業、文化授業などもこの空間で行うことができ、日本文化教室の役割を十分発揮することが期待されます。 (2)R1002院生専用のコンピューター室 本学科の大学院生が使用できるコンピューター設備を提供します。 (3)R1012 中国語教室及び院生研究室 毎年本学科に交換留学のために来た日本人の学生のための授業教室である。

 

|回到頁首 |